留学に持って行くべきは紙の辞書か電子辞書かについて

留学には辞書を持って行くべき?

持って行くべきだと僕は思っている。やっぱり留学や旅行の際は語学が一番の心配事項であるので、できるだけ万全を期して渡航したいもの。

今日は、持って行くべきは紙辞書か電子辞書かについてお話しよう。

 

持って行くべき辞書

留学に持って行くべき辞書は電子辞書が良い、というのは僕の結論だ。あくまでも「持っていく」では、であるが。電子辞書を持っていくのには様々なメリットがある。

電子辞書はスペースも取らないし、多機能であるし、何より軽い。

留学に行く多くの人が電子辞書をもって渡航していると思う。留学というのは、やはり荷物の重量などがどうしてもネックになりがちだが、その点では電子辞書のメリットはとても高い。

 

持って行くならば、ビジネスモデルや大学生向けの上位機種のほうが使い勝手は良いだろう。それなりの値段がするが、その分長く一緒に使える機種をオススメする。

語学留学などの初期段階の留学では、言葉に頻繁に詰まることになるので、やはり辞書は欠かせない。かく言う僕もカナダに初めて留学した際には電子辞書が手放せなかった。

この時に持って行ったのが、大学生の時に買った電子辞書だったカシオのExwordシリーズだ。

最近の電子辞書はTOEICの教材や読書などの多機能タイプが多く発売されているが、カシオの電子辞書はその中でも特に人気を誇ってブランド力もある。

 

紙辞書という選択肢

しかしながら、語学学習には紙の辞書を使用するというのも王道である。

これは辞書を引くことで目的の単語以外の単語にも目を向けることができるからである。ただ、重い紙の辞書を留学先にまで持って行くべきかどうか、という点では非常に悩ましい。

そこで僕がよく取る選択肢が「現地で紙の辞書を購入する」という手段だ。

どこの国にも本屋があるので、そこで紙の辞書を購入する。現地であれば英英辞典が売っているはずなので、電子辞書を持って行って、渡航先の本屋で紙の辞書を別途で購入するのがベストと言える。

高価な辞書を購入する必要はない。留学で必要な単語をカバーしている辞書は、ペーパーバック版でも10ドル〜20ドルくらいで購入できるはずだ。

OxfordやColinsあたりが有名どころであるので、ぜひとも本屋で探してみてもらいたい。

 

まとめ

電子辞書にも英英辞典機能はあるのだが、語学学習という点から考えると、どうしても紙の辞書の方が有効性が強い。双方の辞書の利点はあるのだが、留学という特殊な場所に身をおくのであれば、紙も電子も両方の辞書を保有しておくにこしたことはない。

授業などでは、検索する時間を短縮するために電子辞書が有用であるが、自主学習の時は紙の辞書を活用しよう。

他にも裏ワザ的な辞書の使用方法があるので、また書いていきたいと思う。

Pocket