「でる単特急 金のフレーズ」で中級→上級の単語力を習得する方法

TOEICの点数も、前に比べて良い点数が取れるようになったし、これから600点、700点を目指していこう。

という人こそ、いがいと伸び悩んでいる感じがします。

私は、何十人という生徒にTOEICの指導をしてきましたが、500点に到達した後、600点から上に点数を跳ね上げるコトに、とても悩んでいる人が多かったのです。

多くの人を観察してきて思ったことがあります。

それは、500点を取得した点数の内訳によって、TOEICにみる伸び悩みに2つのパターンが存在することでした。その2つとは以下です。

  • リスニング350点:リーディング150点型
  • リスニング250点:リーディング250点型

 

リスニング:350点 / リーディング150点

1つ目の人は、長く500点前後をウロウロするタイプです。

リスニングでの伸び率を、同じようにリーディングに期待してしまうのが欠点です。しかし、リーディングはスコアが伸びるまでに時間のかかる分野なので、スコアに伸び悩む時間が次第に長くなっていきます。

苦労しても点数が伸びないので、最後には英語が嫌いになってしまうこともあります。

気を付けましょう。

 

リスニング:250点 / リーディング250点

2つ目はバランス型といえます。

TOEICでも、他の資格でも楽しみながら勉強できているタイプです。このまま順調に点数を伸ばし、成長に繋げてください。

リーディングとリスニングの点数を、効率よく伸ばしていくことが出来てます。これからの勉強方法次第では、点数がどんどん伸びていくタイプと言えます。

しかし、思っていたところに落とし穴が現れます。それはリーディング分野において起こりがちです。

タイプ2の人は、まだリスニングに伸び幅があるので、600点後半まで順調にスコアが向上します。しかしその一方で、リーディング分野が追いつかずに伸び悩みがやってくるのです。

 

伸び悩みの原因は「単語力」の低さ

そうしたスコアの伸び悩みの原因として私が捉えたのが、「単語力の低さ」です。

単語というのは、英文を形づくる最低単位の一つ(prefixなどは除く)です。一つの文の中に、分からない単語が複数あるだけで、文章の意味が取りづらくなってしまいます。

で、そんな2つのパターンの人にオススメするのが、TOEIC対策でもはや定番ともいえる「出る単特急 金のフレーズ」です。

略して「金フレ」で大人気となっています。

この単語帳は、1と2両方のタイプにオススメです。私も長年愛用している単語帳であり、中級レベルから上級の入り口を目指す人にピッタリな単語帳だと感じています。

今回は、単語力強化にオススメである、「でる単特急 金のフレーズ」について、オススメする理由を紹介していきます。

 

「出る単特急 金のフレーズ」がオススメな3つの理由

僕が、この「でる単特急 金のフレーズ」をオススメする理由は以下。

  1. TOEICに絞った厳選単語
  2. 覚えやすい工夫
  3. スコア別に単語を覚える

今回は、TOEIC対策に限った話として進めていきます。

 

1.単語の選び方が秀逸すぎる

掲載されている単語は、この本の執筆者が分析と研究を重ねたものです。

著者のTEX加藤氏は、2011・12・13年に開催されたTOEIC公開テスト全26回すべてで990点(最高点)を達成した、とにかくスゴイ人です。

今でも最高得点を叩き出しているらしいです。

そんな彼が、TOEICの出題傾向をふまえて選びぬいた単語帳です。アマゾンでも高評価を得ています。

 

2.覚える工夫が3パターン

単語帳は、「英語→日本語」で暗記するのが一般的だと思うかもしれません。しかしこの単語帳はその逆です。

「日本語→英語」で覚える形式となっているのです。

左側が日本語と単語を使用した例題、右側には正解の単語が掲載されているのです。

また、一番端には豆知識や覚える工夫、派生語なども載っていて、毎回読む度に「こんな覚え方があったのか!」や「この派生語は忘れてたな」なんて、気付きを得ることが出来るのが楽しいですね。

英語から日本語で暗記する場合は、リーディングに有利となってしまいます。

しかし、この単語帳のように日本語から英語で覚えることで、スピーキングやライティングにも応用を効かせることができるようになるのです。

「こう言いたい!」「この意味なんだっけ?」というとっさの時でも、日本語→英語形式で覚えておくことで、思い出しやすくなります。

また、特典としてダウンロードできる音声もあるので、コスパが高いのもオススメ(後述)。

音声を活用して「耳から暗記」することもできるんです。耳から聞いて覚えることで、暗記スピードも上がり、リスニング対策にもなるのでまさに一石三鳥。

 

TOEICのスコア別で学ぶ

金のフレーズの良いところは、目指すスコアごとに単語が区切られているところ。

例えば、860点レベルを目指す人が知っておくべき単語、990点を目指す人が覚えておくべき語彙など。

自分が目指すべき点数に合わせて学習範囲を変えられるのが素晴らしいです。逆に言うと、目指すべき得点を絞って勉強して、その範囲を完璧にしつつ進めていくのが良いでしょう。

730点を目指すのであれば、はじめから730点までを完璧にする。そこまで完璧にしたら、次は860点レベルまでを完全に覚える、のような感じです。

目的からターゲットを絞って、徐々にアプローチをしていくのが良いでしょう。

 

全ての英語学習者に触れて欲しい

この単語帳は、実はTOEICを勉強している人以外にもオススメできます。

海外就職やワーホリ、留学を目指す人も一度は触っておいて欲しい。それはTOEICの本来の目的に立ち返って考えた時に感じました。

それは、コミュニーケーションという点です。

英語での他社とのやり取りという場面において、TOEICの知識は思っているよりも役に立つのです。

TOEICだけではない。海外就職やワーホリにも

僕はこの単語帳を、海外就職やワーホリを目指す人にも活用してもらいたいと考えています。

なぜなら、TOEICというテストは、職場での同僚や私生活でのコミュニケーションの上達を目的として作成されているからです。

TOEICの正式名称は、Test of English for International Communicationです。

これは英語を母国語としない人の、英語でのコミュニケーション能力を測定するテストなのです(Wikipedia)。日本ではビジネス英語と言われています。しかし、正確には、英語でのコミュニーケーション全般をTOEICは測定しているのです。

ですから、ワーホリや海外就職を目指す人は、定められている資格や試験とは別に、TOEICに頻出する単語や表現を覚えておくと、現地での生活で役に立ちます。

そのためにも、「出る単 金のフレーズ」がオススメなのです。

 

まとめ:単語帳は使いやすく内容の濃いモノを

英単語は、英語を勉強する上で最も重要な要素の一つ。

ですので、気合を入れて勉強する必要があります。そのためにも厳選された単語が掲載され、覚える工夫が多く、範囲を絞って学習できる単語帳がオススメです

そういう基準から考えて、「でる単特急 金のフレーズ」は、まさに適役です。

それにTOEIC専用の単語集なので、TOEICに必要な単語力を段階を踏んで身に付けることができるのです。英語中級者から上級者を目指す入り口として、是非ともマスターして貰いたいですね。

また、無料特典も素晴らしいです。チェックしてみて下さい。

 

無料特典:音声データ / PDFデータ

朝日新聞出版が発売する、〇〇特急シリーズは本当に良心的。

無料特典として、音声データを無料で手に入れることができます。金のフレーズも例外ではありません。

  • 全単語の音声
  • 全フレーズの音声
  • スマートフォン無料アプリ

が提供されています。ここまでしていいの?と思うほど太っ腹です。

特典として配布されている音声は、コチラからダウンロードしてください。

以上、TOEIC学習者だけでなく、それ以外の人にもオススメできる「出る単特急 金のフレーズ」を紹介しました。現在は、新形式対応版が出版されています。そちらもチェックして下さい。

golden-words

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

改訂版の概要:

前作から4年半。絶対のバイブル「金フレ」が新形式に対応して大改訂。TEX加藤氏が魂を込めて分析を続け、力の限りを凝縮した「100%の出る単語帳」。質・内容・コスパ、これ以上のTOEIC単語集はありません。 — アマゾンより

Pocket