サーバー移行時にMySQLのダンプファイルをエクスポートする方法

WordPressで運営しているブログをサーバーを移行する時は、多くの作業をこなさなくてはなりません。

そのうちの一つにphp MyAdminというMySQL(データベース)の管理画面からデータベースのコピーを持ってくる作業が必要となります。そこまで大した設定は必要ないのですが、僕自身の忘備録を含め、今一度まとめておきます。

今回はさくらインターネットからエックスサーバーに移行したのですが、MySQLなので画面はほとんど同じ画面です。サクッと終わられて次の作業に進みましょう。

データベースはWordPressの「核」である

あまり詳しいWrordPressの仕組みについて書いてしまうと、長くなってしまうので今回は割愛することにしますが、WordPressとは非常に考えられているCMSです。みなさんもWordPress大好きですよね。

無料だし、簡単だし(内部以外は…)、カスタマイズし放題だし(難しいけどね)。

みんな大好きWordPressの重要な「核」の部分として存在しているのが、
これからダウンロードするMySQLです。つまり超大切ってこと。

 

RubyやRuby on Railsだけでなく、業務支援系のソフトウェアを開発するSEさんならピンとくるかもしれませんが、このデーターベースというシステムは、とても効率よく蓄積されたデータの出し入れ、新規のデータの受け入れを自動で行ってくれる、超優秀なヤツなんです。

データベースについてもう少し知りたい方は「プログラミングの必須知識!データベースは便利なデータ貯蔵庫です」でも、言及しています。

ではここから、MySQLデータベースのファイルのコピー方法を手順を追って説明していきます。

手間取る作業ではありませんが、WordPressにとってデータベースは重要な「心臓」です。
できるだけ設定にミスがないよう注意を払って作業してください。やり直しとか面倒ですもんね。

データベースのファイルをダウンロードする方法

今回は「さくらインターネット」から「エックスサーバー」への移行を想定して説明を行っていきます。まずはじめに行うのが「phpMyAdmin」というデータベースの管理画面に入っていく作業になります。

さくらインターネットのサーバーにログインして、マイページからスタートさせていきましょう。

左にあるメニュー欄から「データベースの設定」を選択しましょう。すると下のような画面になります。

真ん中にある「管理ツール ログイン」をクリック。勘の良い人ならもう察しがつきますね。
この管理ツールこそが「phpMyAdmin」なんですよ。WordPressの心臓です。

上のような画面になるので、いまWordPressをインストールしているデータベースのユーザー名とパスワード、サーバーをそれぞれ記入して「実行する」をクリックしてください。

「データベース」という箇所にも、サーバー名などが記載されています。

ログインに成功したら左側からエクスポートするデータベースを選択しましょう。

データベースを選択したら上のタブから「エクスポート」をクリックします。

クリックすると下のような画面に移りますので、「エクスポート」欄から全選択をして、オプションを設定していきます。

右側真ん中あたりにある「構造」は、下5つ全てにチェックを入れましょう。

そこから下に移ります。「データ」は見出しのみチェックをして、下の詳細なオプション選択は行いません。

さらに下に行くとファイルの保存方法の設定箇所があります。
画面通り「ファイルに保存する」にチェックをいれ、その下の「圧縮」の選択項目では”zip形式”にチェックを付けます。

あとはページの一番右下にある「実行」ボタンを押すだけです。
これらの設定をすることで、「〇〇.sql.zip」というファイルのダウンロードが開始されます。

設定自体は簡単ですね。これで旧サーバーでの設定は一旦終わりとなります。
お疲れ様でしたと言いたいところですが、インポート作業についてもチラッとだけ触れておきましょう。

 

番外編:MySQLファイルのインポート

行わなくてはならない設定事項は少ないので、長くはなりませんが簡単に手順だけ追っておきます。

新しいサーバーの設定画面より同様にデータベースの管理ツールにログインします。
先程と同様の画面である「phpMyAdmin」に入りましょう。

画面が全くおなじになりますが、構わず上にある「インポート」を選択してインポート画面に移りましょう。

ダウンロードしたファイルから画像のように、「〇〇.sql.zip」と拡張子が付いているものを選択します。

[aside type=”warning”]先程のダウンロードの設定で「圧縮」を選択しなかった場合、この限りではありません。[/aside]

画面で「成功」したら、正しくインポートはされているので一安心です。

ちなみに、エックスサーバーでphpMyAdminへのログイン方法は「サーバーパネル」へログインし、メニュー画面の右下にある「データベース」より発見することができます。

まとめ

どのサーバーを利用していてWordPressで運営するブログの引越し作業に必要な作業手順です。
とても簡単で、時間もかからずに出来る作業ですが、今一度だけ注意を。

MySQLはWordPressを動かす心臓のような部分です。慎重に作業をおこないましょう。

まあ、失敗したとしても、また最初からダウンロードすればいいだけですが…。それでも同じ作業を何回もやるのは嫌でしょう?だったら一回目でバシッと終わられておきたいものですね。

これからもWordPressで役に立つ情報を配信していきます!

Pocket