【詳細】新着記事をSocial Networks Auto Posterを利用してFacebookに自動投稿する手順

記事をもっと多くの人に読んでもらいたい・・・。

ブロガーなら必ずしも持つ願いであり夢です。自分の書いた記事を人に読まれるということは至福の時間であり、「ブログを書いていて良かった!」と思える瞬間でもあります。

そのために必要なことは、SNSに投稿することから必要ですよね?

自分が管理しているTwitterやFacebookのアカウントに記事の投稿をしらせるコトが大切になります。しかし、もしこれを一つ一つ手作業で行っていたらとても大変!逆にブログが嫌いになりそう・・・なんてことも。

そうならないようにWordPressには、とっても便利なプラグインが用意されているんです!その名もSocial Networks Auto Poster!

 

様々なSNSアカウントと連動してくれて、ブログ記事が公開されるのと同時に、SNSにも投稿してくれる超便利なヤツなんです。

しかも自動で!無料で!←ココ大事

今回は、超便利なSocial Networks Auto Posterを使ってFacebookページに自動投稿させる設定方法を紹介します!

Social Networks Auto Posterを使う前に

以前、当ブログではTwitterと連携させる方法をご紹介しました。

当時はさくらインターネットのサーバーを使っており、一番人気のプログラミングであるJetPacKの使用ができなかったのを皮切りに、より使いやすいプラグインを探していました。

その時に出会ったのが「Social Networks Auto Poster」だったのです。

 

WordPressとTwitterアカウントと連携させる方法は、下の記事を確認してみて下さい。

特にJetPackでSNSアカウントと連携ができなかった人にオススメな方法です!

それでは本題に入っていきましょう。

 

ブログ用のFacebookページと連動させる詳細な手順

ここからは詳細にFacebookページと連動させる方法を紹介していきます。

多くの画像を使いながら解説していくので、ページ単体としてはかなり重いですが・・・。

[aside type=”warning”]Facebook Developerのアカウント、ブログ用のFacebookページが作成済みであることが前提となります。[/aside]

Facebookの開発者アカウントとFacebookページの作成方法が分からない人は、以下のブログ記事を参考に。

では早速、Facebookとの連携を目指して作業を開始です!

 

まずはワードプレスの管理ページの「設定」から 「Social Networks Auto Poster」と選択してプラグインの設定を行っていきます。

ほとんどの説明が英語なので気を付けてください!けっこう面倒なんですよね。

設定画面が表示されたら「Add new account」ボタンをクリックして、新しいSNSアカウントの追加作業を行います。

Add New Networkのメニュー(プルダウン)よりFacebookを選択します。

Facebook用の設定ページが表示されたら、赤枠内に表示されているリンクをクリックします。するとFacebookのデベロッパーページへと移ります。

右上にある「My Apps」のメニューから「Add a New App」を選びましょう。

①に作成したいアプリの名前(なんでもOK)を入れ、②にはコンタクト用のメールアドレスを設定します。

右下の「Create App ID」をクリックし、新規のアプリを作成します。下のようにセキュリティーチェックがあります。

指定された文字を入力してSubmitをクリック。これで認証が通るはずです。

上の画像のように画面が切り替わったら認証は成功です。

左側にあるSettingメニューをクリックすると、「App ID」と「App Secret」が入力された画面が表示されます。

次は、赤枠の部分からプラットフォームの追加を行います。

「ブログ」から「Facebookページ」への投稿なので、今回は「Website」を選択しましょう。

ここでいちど自分のブログへ戻り、ドメインとURLを確認してください。コピーしたURLを下のように、各項目へ入力していきます。

App Domainsの部分へは「www.〇〇〇〇.com(あなたのブログです)」を入力。

Site URLには、あなたのブログのURL(https://www.www.〇〇〇〇.com / http://www.www.〇〇〇〇.com)を入力しましょう。

次に上の画像に従い、ページの種類をApps for Pagesへと変更します。

そしたら次は作成したアプリを、使用可能状態に変更させる設定の手順です。

下の赤枠の部分をNo → Yesへと変更させます。

Confirmを選択して、使用可能へと設定を変更しましょう!

赤枠の部分が上の画像と同じようになっていたら完了です。お疲れさまでした。

先程のApp IDやSecretと書かれたページに戻ります。左側のメニューから「Settings」をクリックして下さい。

すると元いた画面に戻ることができます。

作業もあと少しですので頑張りましょう!

ここでWordPressの設定画面に戻ります。上の画像で振られた番号に対応する数字や文字を、WordPressの設定画面に対応させるように入力していきます。

入力した箇所の一つ下の段では、「どうSNS上に投稿するか?」を設定することができます。

下の図のようにしておけば良いでしょう。%で囲まれた部分については、赤枠の下で説明されています。便利なのでぜひ使えるようになりたいですね。ただ、ここでは説明しませんのでご容赦を・・・。

Post Typeは二番目の「Image Post」がオススメ。

これを選択しておけば、記事に設定したアイキャッチ画像が表示されます。基本的にこの設定で十分です。

 

ここまで設定が完了したら、次はアカウントの認証を行います。赤枠内にある「Authorize Your Facebook Account」をクリックします。

フェイスブックページに移動します。なにもせずにContinueをクリック。

自分の個人用アカウント上に記事を流したくない場合は「Only me」を選択しておきましょう。

こうしておけば、記事が投稿されても自分のタイムライン上にしか表示されません。身バレしたくない人にはオススメの設定です。

そしたらOKをクリックしてください。

個人のアカウントが表示されますが、ここではOKを選択しておきます。

[aside type=”warning”]各Facebookのページは、個人のアカウントが管理人となっているので、その大元のあなたのアカウントに対して確認を取っているだけのようです。あまり気にせずにOKをクリックすれば問題ありません。[/aside]

完全に認証が終了すると下の緑のようになります。ここでアカウント認証が完了です。

設定ページにFacebookメニューが出現しているのを確認しましょう。

Facebookの部分に矢印を近づけると[Show Setting]という文字が表示されるので、選択してFacebook の設定画面を開きましょう。

さっきと同じ画面に戻ってきましたね。

一番上に名前が出てきていたら完了しています。一安心です。

名前の部分をクリックして、投稿したいFacebookページを選択しましょう。

[aside type=”warning”]この時、自分の名前が表示されない場合は少し時間をおいて、もういちど設定画面を開いてみて下さい。設定されるまでに時間が必要な場合があるようです。[/aside]

選択できたら、テストを行う前にUpdate Account Infoをクリックして保存します。

いちど保存しておかないと、個人のアカウント上に投稿が流れてしまうので注意が必要です。

保存したら②のテストを実行してみて下さい。初めての自動投稿・・・ワクワクしますね!

ポチッと押して、下のような画面が表示されたら成功です。

赤枠のリンクをクリックして、投稿されたことを確認してみてください。

↓こんな感じで確認できます。なぜラマ(もしかしてラクダ?私には判別できません)なのかは不明。

ここで一旦は設定が完了です。お疲れ様でした。

このプラグインの説明は英語だけなので、日本人が使うには少々面倒なんですよね。多くの人に使ってもらうために、画像を使って詳細に手順を説明しました。

というわけで、以下おまけです。

 

もっと詳細にテストする

実際の記事はどんなふうに投稿されるのか確認していきます。

ワードプレスの投稿画面からお好きな記事を選んで、記事作成の下へスクロールしてみて下さい。

すると、Social Networks Auto Posterの設定画面が表示されているかと思います。

表示されていない場合は、タイトルの右上にある「表示オプション」からSocial Networks Auto Posterのチェックボックスをオンにして、もういちど確認してみて下さい。

Facebook用の設定画面で設定したようになっているか確認してください。

確認が完了したら、右側にある「Post to facebook」をクリック!すると実際の投稿された画面を確認することができます。

先ほどと同じく、赤枠の中のリンクから確認が可能です。

ちゃんと投稿されていますね!これで一安心です。長かった設定も一段落しました。

ほんとうにお疲れ様でした!

 

表示がされない場合や投稿が不安定な場合は?

ここで表示が不完全だったりする場合は、Image Postの設定が漏れてないか確認してみて下さい。

この記事を作成するために何度がプラグインの作成をしたのですが、表示が不安定だったことは一度もなかったので・・・設定漏れの可能性を考えてみてください。

あわせてWordPressのバージョン、プラグイン自体のバージョンも最新の状態であるか確認してみましょう。

それでもダメなら、また初めから設定しなおしてみた方がいいかもしれません。

 

以上、Social Networks Auto Posterを使って、Facebookへ自動投稿する設定を追ってきました。

わからないことがあったら、コメント欄やTwitterのDMからご連絡ください!お問い合わせからでもOKです。

※プラグインの作成者ではありません。細かいカスタマイズには答えられない場合もあります。

 

まとめ

以上、あなたのFacebookページとブログの新着記事を自動で連携させる方法を紹介しました!このプラグインは、

  • JetPackなどの便利なプラグインが利用できない人
  • JetPackを使うのが面倒な人

にとってもオススメです(特にJetPackは高機能すぎて逆に使いづらいという人・・・)。

サラリとSNSの自動投稿を管理できる「Social Networks Auto Posterは、とってもオススメです!

あなたのブログもSNSとうまく連携させて記事の拡散を狙っていきましょう。この記事が、あなたの声を多くの人に届けるために役に立てば嬉しいです!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。