NZ格安旅行のススメ:世界中の旅人と交流しながら旅しよう!

こんにちは、Akaneです。

南半球にひっそりと位置し、息を呑むほどの大自然を保有する小さな島国ニュージーランド。海外旅行先としてはお隣のオーストラリアと二分する人気を誇り、ロード・オブ・ザ・リングやホビットなどの人気映画のロケ地で有名な事も手伝って、世界中から旅行者が訪れます。

 

若者の間では、ワーキングホリデービザを利用した長期滞在・長期旅行先として安定した人気を誇り、特にヨーロッパの若者の間では、大学進学前や卒業後に必ず体感しておくべき人生経験の一つとして認知されているようです。

 

そんな幅広い年齢層の旅行者が訪れるニュージーランドでは、一般的に利用されている滞在方法や移動手段に加えて、主に若者を中心にニーズの大きい格安・手軽な旅を実現するための手段が数多く存在していします。

 

今回はそんなニュージーランドでの旅を最大限楽しむための有益情報として、格安旅行を可能にするために利用すべき宿泊施設や移動手段をご紹介したいと思います!

 

旅行のしやすいニュージーランド

観光大国ニュージーランドには、五つ星ホテルからドミトリー式バックパッカーまで、予算や旅のスタイルに合せて選べる多彩な宿泊施設と、国全土を網羅する便利な移動手段が揃っています。

全体的に治安も良いので、深夜に人気の少ない街の路地を一人歩きでもしないかぎり、女性でも気軽な一人旅を楽しめます。

 

他人と直接交渉して格安旅行を実現

常に費用を抑えたいバックパッカーやワーキングホリデーの若者にとって、最大の懸念事項となるのがニュージーランドの物価の高さ。

そんな費用を抑えながらも、旅を存分に楽しみたい!というハングリー精神溢れる旅人達の間で盛んなのが、他の旅人たちとの直接交渉と取引です。

 

内容は車やキャンピングカーなどの移動手段・宿泊施設の提供から、不要品の売り買い、譲り渡しなど様々。

一般的に提供されているサービスよりも格安料金での取引が可能です。

旅の終わりの不要品処分などでは、テントや寝袋などの高価なキャンピング用品が格安で売りに出されていることもあります。

 

オンラインを利用したやりとり

これらの交渉の場としては主にFacebookグループが使われています。Backpackers New Zealand, New Zealand Backpackers の2グループにおいて最も多く取引が行われています(これら2つのページの閲覧には、グループに加入・認証される必要があります)。

常にリアルタイムかつ早いスピードで取引が行われているので、膨大な情報のなかから自分の欲しい情報を効率よく見つけ出す能力、もしくは自分が提供したいものを適切な人の目に留めてもらうように工夫をする能力が問われてきます。

 

国独自のコミュニティページを除き、やりとりは全て英語で行われているので、英語力があればあるほど有利です。

英語での取引にあまり自信がなくても、旅費の節約かつ英語の実践の場にもなるので、この機会にチャレンジしてみることをオススメします!

 

様々な移動手段

バス

旅行者だけでなく一般市民にも利用されている、ニュージーランドで一番の大手バス会社がIntercityです。

北島の主要都市間を繋ぎ、地方部へのルートも網羅しています。南島ではそれぞれのローカルに拠点を持つ旅行会社やバス会社などと提携しながら、様々な観光ルートをリーズナブルな価格で提供しています。

 

割引パスを購入して賢く節約

割引制度として、5時間、15時間など、一定の乗車時間分を事前にまとめて購入することで割引が受けられるFlexipassと、あらかじめ決められた出発先と行き先のルートを選ぶことにより割引価格で購入できるTravelpassがあります。

はっきりとした旅程は立ててないけれど、ある程度時間をかけて様々な場所を回りたいという場合はFlexipassが便利です。購入から1年有効で、予約内容のキャンセル・変更が出発数時間前まで手数料なしで出来るすぐれもの!

旅行を終えたのち、自分のパスにまだ未使用分の時間が残っていても、ネットで売却が可能です。

 

このほかのバス会社として、地方部で更に詳細なルートを提供しているNakedbus、オークランドから東部のコロマンデル地域で豊富なルートを提供している Kiwi Shuttlesなど、他にも多数のバス会社がサービスを提供しています。

 

ライドシェア

ライドシェアとは相乗りのことで、同じ目的地(もしくは目的地までの中間地点)に行く誰かの車に乗せてもらうことをいいます。

上記にあげたFacebookグループのほか、ライドシェアに特化したグループとしてNew Zealand RideShare Backpackers、ライドシェア専門のウェブサイトとしてはCarpool New Zealandがあります。

これらのサイトを利用して同じ方面に向かう車を検索、もしくは自分の車に空き席がある場合は相乗りしてくれる人を募ることができます。

 

代金は主にガソリンのシェア代で賄われますが、人によっては食事代の肩代わり、車の中でのお喋りだけでOKという場合も。

個人間で直接交渉して利用するサービスには一定ルールが存在しないので、個人間のやり取りで全てが決まります。最低限のモラルと人としてのマナーを守りつつ利用することが大切です!

 

ヒッチハイク

一般的に大きな声ではオススメできませんが、ここニュージーランド、特に南島で驚くほどメジャーな移動手段ヒッチハイクです。

主要道路を走っている途中で、行き先を書いた段ボールを掲げているバックパッカーを必ずと言っていいほど見かけます。

 

聞いた話ではよっぽどのことがない限り、誰も停まってくれないということはないのだとか。私も南島を旅行中に人生で初めて挑戦しましたが、10分ほどで親切なバックパッカーの車が停まってくれました!

一度成功すると自信がつくとは本当で、このまま続ければコツやテクニックなども語れるようになるのだと想像しますが、ここで深く書くのはやめておきます(笑

 

最低限のマナーとしては、拾ってくれた人に対してそれ相当のお礼の気持ちを示し、移動中はお喋りの相手になることです。

人生にそう多くはならないであろう経験をしたい方には是非オススメの移動手段です!

 

世界中の人と出会える宿泊施設

 

ホステル・バックパッカー

世界中の人々が訪れるニュージーランドでは、バックパッカーに泊まれば世界中の人と一晩で出会えると行っても過言ではありません!

私は一人でバックパッキングをしましたが、滞在先を変える毎に新しい旅人との出会いを繰り返していたので、孤独に思ったことは一度もありませんでした。

 

お互いのこれまでの旅や人生を語り合ったり、ご飯を一緒に作って食べたり、思いつきで山登りに行ったり。

殆どのホステルで独自の観光ツアーやアクティビティを企画しているので、自分と同じ時期に滞在する他の旅人たちと知り合いになれる機会は多くあります。

 

このような偶然の出会いを楽しめることは、バックパッカーを利用する上での大きな利点の一つです。

 

BBH Club Card

ある程度の期間バックパッカーを利用する予定であれば、$45で 1年有効 のBHB(Budget Backpacker Hostels New Zealand)club cardの購入をオススメします。

提携先のホステル・バックパッカーに泊まれば一晩につき4$の割引が受けられるので、1週間も泊まれば元が取れてしまいます。

 

この割引に加え、初回の予約をBBHオンラインシステムを通じて行うことにより更に$15引きになる他、ボーダフォンの無料SIMの提供など、色々な特典があります。

 

Airbnb

今や知らない人はいない、地元の人の家に泊まり現地の人の生活を疑似体験できる宿泊手段です。

 

個人でリスティングが行われているので、ホステル級の格安物件から高級ホテル並みの物件まで様々。

都市部には格安物件がちらほらありますが、田舎の地方、特に観光地にはそれなりに値の張る物件が多いです。

 

長期に渡るバックパッカーでのドミトリールームに疲れた時や、少しだけプライベートな時間が欲しい時の手段としてオススメです!

 

Couchsurfing

ライドシェアの宿泊版とも言えるCouchsurfing(カウチサーフィンと読みます)。

金銭のやり取りをすることなく、お互い見知らぬもの同志がサイトを通じて、数日間の間ホストとゲストとなれるサービスです。

 

基本の流れとしては、Couchsurfingウェブサイトの個人アカウント上のプロフィール・レビューなどの印象とプライベートメッセージ機能を通じて、お互いの信頼性を確認し、滞在期間や鍵の受け渡しなどを決めていきます。

 

個人間の信頼のみで成り立つしくみなので、詐欺など色々な現実問題が噴出しているのは事実。しかし反面、純粋に旅人を家に招き、お話を楽しみ一緒に時間を過ごすのが好きな仏の心の人がいるのも事実です。

 

強いて言えば、実際訪問する行く前には一本電話を入れ、相手の印象を確かめるべきだと私は思います(プライベートのメッセージ上では電話番号の交換ができます)。

そして女性の一人旅の場合、男性(特に独身)のホストは、いくらプロフィール上の印象がよかろうと、避けたほうが無難です。

 

フレキシブルな旅を楽しもう

いかがでしたか?ニュージーランドは他の国と比較しても旅人への敷居が低く、初めての海外旅行もしくは一人旅にも挑戦しやすい環境が整っています。

 

国としてまだ若い歴史と多くの移民を受け入れ発展してきた文化背景もあり、地元のニュージーランド人は旅人に対して好意的です。

他国からの旅行者にも至る所で出会うので、道すがら一緒に食事したり、途中から行動を共にしたりと、一辺倒ではない流動的な旅を楽しめます!

 

これらの手段を自分の求めるスタイルに応じて利用し、思い出に残る旅をより多くの人に楽しんでもらいたいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。